【TeraTerm】SSH転送を利用したRDP接続(ポートフォワード)

スポンサーリンク
アプリ

TeraTermのSSH転送の機能を利用すれば、下記、「図解1」のケースが実現できれば
「端末」が直接アクセスできなかった、「サーバ(Windowsサーバ)」への
リモートデスクトップ(RDP)接続を「サーバB」を経由することで
「端末」で「サーバA」に直接リモートデスクトップ(RDP)接続ができます。
その方法を解説します。

メリット

業務においてメンテナンス作業をするときに、自分の端末からWindowsサーバへ
リモートデスクトップ接続できずに、リモート端末(Windowsサーバへ接続できる
端末)からの作業となり、使い勝手と事前準備での効率も悪くなり面倒になります。
※自分の端末で作業ができないので不便

この機能を利用すれば、直接、端末からWindowsにリモートデスクトップ接続
できるので便利になります。
慣れた端末での接続となり、使い勝手も良く業務レスポンスの向上にもつながります。

接続手順(上記、図解1に沿って解説)

1.端末はサーバBへTeraTermを利用してSSH接続

前提条件1
端末がWEBサーバ(サーバA)へWEBアクセスするには
端末がTeraTermを利用してサーバBへSSHでの接続ができること

2.端末はサーバBへ接続後、TeraTermのSSH転送を選択

3.端末はSSH転送の接続先・ポートを設定

SSHポート転送のポイント

設定項目設定内容説明
ローカルのポート53389端末が利用していないTCPポートを指定
今回は、端末で利用していないTCPポートを設定

※動的・プライベート ポート番号 (49152–65535)
 の範囲でのTCPポート指定が望ましい
※以下のような
 ウェルノウンポート番号 (0–1023)や
 登録済ポート番号(1024-49151)は
 利用しない方が無難
 利用は可能ですが、正規のサービスが利用
 する場合があるので避けておいた方がよい
 22/tcp(SSH)
 80/tcp(HTTP)
 443/tcp(HTTPS)
 8080/tcp
 など
リモート側ホスト192.168.11.18端末がアクセスしたいサーバを指定
今回はWindowsサーバ(サーバA)を設定

※端末がTeraTermで接続したサーバのIPでは
 ありません。
ポート3389端末がアクセルしたいポート番号を指定
今回はリモートデスクトップアクセスしたいので
RDPポートを設定

■前提条件2
サーバBがWinodwsサーバ(サーバA)にリモートデスクトップ用の
ポート「3389」でアクセスできること

4.端末はSSHポート転送の設定確認をして反映

注意
設定後はTeraTermを終了させないこと!!

5.Windowsサーバ(サーバA)の設定確認

Windowsサーバ(サーバA)がリモートデスクトップ接続できる設定になっているか
確認します。設定できていなければ、以下のように設定してください。
※端末側ではありません

端末からWindowsサーバ(サーバA)へリモートデスクトップ接続

SSHポート転送を利用すると端末からWindows(サーバA)へ直接RDP接続できる

端末で「リモートデスクトップ接続」を起動して接続します。

■SSH転送のポイント
ポートフォワード(PortForward)のローカルループバックを利用して
サーバBを踏み台として
端末からWindowsサーバ(サーバA)へアクセスすることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました