Linuxサーバ

Linuxサーバ Linuxサーバ
Linuxサーバ

【RHEL8/CentOS8】2T越え対応OSインストール方法(UEFI編)

OSインストール条件とUEFI注意点 最速でOSインストールする方法を画像付きで解説※デフォルト設定箇所は省略最小限のインストール方法で解説VirtualBoxを用いてOSをインストールRHEL8のOSインストールで解説(Cen...
Linuxサーバ

【RHEL8/CentOS8】2T越え対応OSインストール方法(BIOS編)

OSインストールの条件と目的(意義) 最速でOSインストールする方法を画像付きで解説※デフォルト設定箇所は省略最小限のインストール方法で解説VirtualBoxを用いてOSをインストールRHEL8のOSインストールで解説(CentO...
Linuxサーバ

【RHEL】GPTフォーマットでOSをインストールする設定方法(2選)

問題提起 Linux(RHEL)のインストール作業を実施するときに、通常、OS領域「/(root)」は、MBRのパーティションでインストールされます。※MBRのパーティションでは2TB以下の容量しか扱えません。しかし、GPTのパーテ...
Linuxサーバ

【RHEL】検証:redhat.repoファイルはサブスクリプション登録で自動作成される

問題提起 RedhatのOSをインストールすると「/etc/yum.repos.d/redhat.repo」ファイルがRehat用のリポジトリファイルとして登録されます。redhat.repoファイルは、インストール直後だとファイル...
Linuxサーバ

【RHEL】OSメディアイメージファイル(ISO)の無料ダウンロード方法解説

問題提起 Red Hat Enterprise Linux(RHEL)の最新OSのISOイメージをダウンロード(無料)して、個人で利用することができます。Red Hat Enterprise Linuxの入手方法を解説します。また、...
Linuxサーバ

自動作成する「redhat.repo」ファイルの「enabled=」編集が元に戻る問題を解決

1.「redhat.repo」ファイルの「enabled=」を編集しても設定が戻ってしまう2.「redhat.repo」ファイルの「enabled=1」設定がyumで反映されない の原因を説明し「redhat.repo」ファイルの編集...
Linuxサーバ

【RHEL】RHNへサブスクリプション登録してyumを利用する方法

Red Hat Network(RHN)のyumを利用するには、サーバ(RHEL)をRHNへ登録する必要があります。それは、RHNでサーバをサブスクリプション管理できるようにすることを意味しており、管理ができていないとyumが利用できま...
Linuxサーバ

【RHEL】RHNに登録してyumの処理が遅い場合の解決方法

社内でRHNを利用してyumを利用したときに、yumのレスポンスが遅いことに気づき、その原因と挙動が判明したので、対処方法と理由を解説します。 yum遅延の対処方法 「rhsm.conf」と「yum.conf」のconfフ...
Linuxサーバ

【lsof】[ファイルオープンしているプロセス][ユーザが利用しているプロセス][通信相手と通信ポート]を特定する方法

RHEL系(CentOS)--- サーバ運用では、障害対応で「lsof」コマンドをよく利用します。・ファイル名からそのファイルが利用しているプロセスを特定・サーバに登録があるユーザIDからユーザが利用しているプロセスを特定・サーバに...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました