Linuxサーバ

自動作成する「redhat.repo」ファイルの「enabled=」編集が元に戻る問題を解決

1.「redhat.repo」ファイルの「enabled=」を編集しても設定が戻ってしまう2.「redhat.repo」ファイルの「enabled=1」設定がyumで反映されない の原因を説明し「redhat.repo」ファイルの編集...
Linuxサーバ

【RHEL】RHNへサブスクリプション登録してyumを利用する方法

Red Hat Network(RHN)のyumを利用するには、サーバ(RHEL)をRHNへ登録する必要があります。それは、RHNでサーバをサブスクリプション管理できるようにすることを意味しており、管理ができていないとyumが利用できま...
Linuxサーバ

【RHEL】RHNに登録してyumの処理が遅い場合の解決方法

社内でRHNを利用してyumを利用したときに、yumのレスポンスが遅いことに気づき、その原因と挙動が判明したので、対処方法と理由を解説します。 yum遅延の対処方法 「rhsm.conf」と「yum.conf」のconfフ...
Windowsサーバ

【Excel】hlookup関数とvlookup関数の違いと使い方について

hlookup関数は横(行)で検索値を探す関数となります。vlookup関数は縦(列)で検索値を探す関数となり、検索する方向が、横か縦かの違いだけで、使い方はvlookup関数とほとんど同じとなります。hlookup関数はサーバ・インフ...
Windowsサーバ

【Excel】vlookup関数の使い方を3分で簡単に理解

vlookup関数は検索値を指定した表からマッチするデータを取得することができる、リレーショナルデータベースの様な「値」と「表」を関連づけてくれる機能になります。Excelのデータ入力に一役買う便利な機能になります。しかし、便利であるも...
Linuxサーバ

【lsof】[ファイルオープンしているプロセス][ユーザが利用しているプロセス][通信相手と通信ポート]を特定する方法

RHEL系(CentOS)--- サーバ運用では、障害対応で「lsof」コマンドをよく利用します。・ファイル名からそのファイルが利用しているプロセスを特定・サーバに登録があるユーザIDからユーザが利用しているプロセスを特定・サーバに...
Linuxサーバ

【Linux】ncat(nc)コマンドでネットワーク疎通確認

RHEL系(CentOS)--- サーバ運用で、急にサーバへの通信が不安定になったり、今まで通信(接続)できていたが、急に通信(接続)できなくなったりしたとき、障害切り分け方法としてncat(nc)コマンドを利用して、簡単に疎通確認...
Linuxサーバ

【Linux】tcpdumpのフィルタの使い方サンプル集10選

RHEL系(CentOS)--- サーバ運用でtcpdumpを利用する場合、障害発生時に、リアルタイムで通信状況を監視するケースが高いと思います。重要になってくるのは、特定の条件に絞りこんで障害となっている通信だけに絞って迅速に状況...
Linuxサーバ

【Linux】tcpdumpコマンドでよく利用するオプション10選

RHEL系(CentOS)--- サーバ運用でtcpdumpを障害切り分けで利用します。その時に、頻繁に利用する「tcpdumpコマンド」のオプションを紹介いたします。コピペして(覚書)利用できるようにケースに分けてオプションの使用...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました